体脂肪がつきにくい生活

体脂肪がつきにくい生活に欠かせないのは、食事です。運動も食生活を見直すことと一緒に行うと効率が上がるでしょう。体脂肪がつきにくいとは、体脂肪を燃焼しやすい生活のことです。普段の生活でどのくらいのカロリーを摂取しているか、それに比べて活動量はどうか、というのを見直してみましょう。ダイエットをするには食事はしっかりとりつつも、カロリーを低めに設定するのが一般的です。ただ、体脂肪を効率よく燃やすには脂肪燃焼効果のあるアミノ酸を食事で忘れるようなことをしてはいけません。脂肪燃焼アミノ酸は日本食に多く含まれています。米、みそ、納豆、豆腐などを使った食事が好ましいのです。白いご飯に豆腐の入ったみそ汁と納豆、などというメニューを朝食や昼食にする生活を続けると体脂肪はエネルギーに変換されやすくなります。パン食ではこれが難しいため、痩せたい、ダイエットしたいと思っているかたにはお勧めしません。体脂肪燃焼の効率アップには、運動するタイミングも重要です。食後1時間以降か、または空腹時だと脂肪が良く燃えます。ウォーキングなどの運動も、アミノ酸豊富な食事を1時間前にとってからか、空腹時に行うという生活を習慣づけてみてください。
内臓脂肪は肝臓、腸、肺などにつく脂肪のことです。お腹がぽっこりする特徴があります。メダボリックシンドロームとも呼ばれる内臓脂肪は女性よりも男性、とくに中年以上の方に多く見られます。内臓脂肪を放置すると高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を次々と引き起こすので危険です。気になる内臓脂肪、ぽっこりお腹になってしまったら、少しずつでも減らす努力をしていきましょう。幸い、内臓脂肪は皮下脂肪のように減らしにくい脂肪ではありません。ダイエットをする場合も内臓脂肪から減っていくものですので、毎日気をつければ内臓脂肪を放置することはなくなります。気になる内臓脂肪を燃焼するのに必要なのは、有酸素運動と食事です。有酸素運動はウォーキング、ジョギング、エアロビクス、ヨガ、水泳などがあります。もっとも手軽に始められるのはウォーキングでしょう。30分~1時間ほどのウォーキングならばしっかり有酸素運動になります。時間が短すぎると内臓脂肪が燃えないので注意しましょう。食事は低カロリーで高栄養な食品を積極的に取り入れることが大事です。青魚のEPA・DHA、緑茶などのカテキンは内臓脂肪が気になる人にオススメです。
ビハキュア 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です